本文へ移動

ごあいさつ・法人理念

ごあいさつ

理事長
西木和義
時下、ますますご清祥の事と存じお慶び申し上げます。
また当法人の運営につきましては、日頃よりご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 
「かみかわ福寿園」は、平成10年7月、北海道上川郡上川町に「その人らしさを第一に住み慣れた地域での、変わらぬ暮らしを目指して」をモットーに開設されました。
以来、ご入居者・ご利用者の個々のご希望に応えるため、質の高い心あたたまるサービスの提供に努めて参りました。
 
当施設は緑豊かな環境にあり、四季折々の自然に触れ合うことができます。長年住み慣れた我が上川町において、家族や友人等との変わらぬ交流が紡がれることによって、心豊かにお過ごしいただければ、私どもスタッフ一同、望外の喜びです。
 
ご利用者、ご家族様との出会いに感謝し、まごころを込めたサービスの提供に心掛け、さらなる発展を目指して参ります。

法人のロゴマークについて

テーマ:“人の幸せ(幸せな暮らしつくり)”
内 容:人の幸せは4つの要因より作られている。
ひとつめは、“楽しみ(笑顔)”
ふたつめは、“健康(心身)”
みっつめは、“潤い(もの・経済的等)”
よっつめは、“社会参加(かかわり・つながり・役割等)”
 これら4つの要素が合わさって、“幸せ(4合せ)”が出来ている。
ですが、様々な生活障がいにより、いずれかが欠けてしまっている所に手を差し伸べ、皆と協力しながら、その人の暮らしを支えていく、といったイメージです。
 球体は、上川町住民の円満で幸せな生活を意味します。
 わが町上川で住まわれる住民が、末永く幸せに暮らせるよう、「K」=かみかわ(KAMIKAWA)の白線が、4つの要因(球体の4色)をつなぎ止め、優しい掌で包まれております。
※「K」=「かみかわ」⇒公、関係事業団、地域住民 の3つの要素。
 その3要素が、その人の生活(球体)を、掌と一緒につつみ込む様に小さな球体を3つ「K」の上に配置しています。

運営方針

地域社会の期待と信頼に応えるべく施設内におけるサービスの質的向上を図ると共に、老人福祉の中核としての自覚を高め、ノーマライゼーションの理念に基づいたサービスの展開に努めます。
また、「個別援助体制の確立」「居宅福祉サービスへの積極的参加」「地域ボランティアとの連携」を強めると共に職員組織の質の向上に努めます。
私たちが日常お年寄りとの関わり合いの中で「その人らしさを第一に、住み慣れた地域での、変わらぬ暮らしを目指して」という言葉を指標とし、実践に努めていきます。

基本理念及び職員の姿勢

社会福祉法人かみかわ福寿園
〒078-1742
北海道上川郡上川町西町4番地1
TEL:01658-2-3333
FAX:01658-2-3331

  • 介護老人福祉施設
  • 短期入所事業
  • 通所介護事業

0
0
9
6
7
3
TOPへ戻る